H28西表島フィールドワーク of New Site 2

平成28年度西表島フィールドワーク


日程 平成28年8月1日(月)~8月5日(金)

参加 教員2名、生徒SS研11名

内容


第1日 移動
 羽田空港に集合し、那覇空港を経由して石垣島まで航空機で移動した。石垣島からはフェリーで西表島に渡った。

第2日 トレッキングと菌類・藻類の採集
講師 琉球大学熱帯生物圏研究センター西表研究施設准教授 渡辺信氏
 船浦湾よりマングローブで覆われている西田川をカヤックで溯上した。船着場にカヤックを泊めてジャングルトレッキングし、サンガラの滝などを見た。また、トレッキング中には地質学的な特徴であるポットホールのほか、キノボリトカゲなどを観察することができた。干潮時に西田川を降下しその途中でオヒルギ、メヒルギ、ヤエヤマヒルギについて観察を行った。船浦湾は干潟となっており、コメツキガニなどを観察した。
夜には第3日目のガイドである森本孝房氏に、宿泊施設にて西表島の地形や地質、自然環境等について講義をしていただいた。

   西表1.jpg



第3日 トレッキングと菌類・藻類の採集、ナイトハイク
講師 自然観察指導員 森本孝房氏
トレッキングでユツンの滝へ行った。ナナホシカメムシやヒカゲヘゴやなど関東には生息していない動植物を観察ことができた。また、研究材料がある菌類や藻類を採集した。
ナイトハイクでは、3種類のコウモリ(コギク、ユビナガ、オオコウモリ)、ハブ、ヤシガニを観察した。


   西表2.jpg

第4日 ヤエヤマヒルギの胎生種子の採集
 船浦湾のマングローブを散策しながらヤエヤマヒルギの胎生種子を採集した。


   西表3.jpg

第5日 移動

 フェリーで西表島から石垣島に渡り、那覇空港を経由して羽田空港まで航空機で戻った。